FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非売品小ネタ「美優 海の家に行く」(22)

俺は叫ぶように歓喜の声を上げながら、美優の背中に向かって射精した。30.jpg
また呆れるほどの長い射精。
俺は肉棒がびくんびくんと脈打つたびに白い閃光のように走る快感の余韻に恍惚としていた。そして俺の吐き出したばかりの大量の精子が彼女の背中をだらっと滑り落ちていくその淫らで罪深い光景を心の底から楽しんでいた。

31.jpg


……さすがにもうこれが限界だろう。
そう思っていたのだが、誤りであったことを美優に思い知らされた。

少しの間、横に並んで休んでいたのだが、やがて美優がまた俺の体の方に手を伸ばし、からかうように、そしてくすぐるようにお腹の辺りをまさぐり始めた。その手はゆっくりだが徐々に……徐々に下の方に下がっていき……いつの間にか俺は再び息を荒くし、肉棒は空の方に向かっていきり立っていた。
と、美優がおもむろに起き上がると、俺の体をまたいで膝をつき言った。
32.jpg

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

トラックバック:

http://wakuyuu.blog.fc2.com/tb.php/36-7c2560c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。