FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非売品小ネタ「甘い罠はフルコースで~現役女子大生西条リナ 番外編」(4)

非売品小ネタ「甘い罠はフルコースで~現役女子大生西条リナ 番外編」(3)の続きです。


私は自分の娘ほどの年の女に最初から終わりまでリードされ、あっさり射精に導かれて
しまったわけだが、そのことは大して気にはならなかった。私は最初の絶頂からほどなくして
また自分が欲情し始めていることに驚いた。そして彼女に見下されても構わないから、
懇願してでもまた彼女と交わりたいと思っていた。
 遊びか。私は山田の言葉を思い出しながら、彼の善意とも何とも分からない今夜のこの
取り計らいを不思議に思いつつ、感謝の気持ちさえ感じていた。
やがて彼女が言った。「お風呂入ろっか?」
 そんなことよりもまた彼女とセックスがしたかったが、彼女の期限を損ねるのも怖かったので
おとなしく彼女の言うとおりにした。が、そんな私の思いは良い意味で裏切られた。
風呂に入り互いの体を洗った後、彼女はバスタブの中で私を誘惑し、再び淫らな交わりの行為を
楽しませてくれた。
hibaihinrina08.jpg
ほどなくして私が射精し、寝室に戻った後も、彼女はまた私を誘惑し、ベッドの上で
何度も何度も私を絶頂に導き、あたかも彼女の言ったとおり、天国にいるかのような
快感を伴う、強烈な淫らな時間を味あわせてくれた。
hibaihinrina09.jpg
そして何度目かの射精の後、ついに私の体力は限界となり、私は眠りに落ちた。
目覚めた時には彼女の姿は消えていた。私は心地よいけだるさを感じながら
帰途についた。
 翌日、困った問題が起こった。あれほど何度も彼女と交わったにもかかわらず、
私はまた激しい欲情に苛まれていた。あたかも彼女が私の心に中に容易には消えぬ、
欲望の炎をつけてしまったようだった。
 彼女の肉体を、そして昨晩の行為を想い出さずにはいられないのだ。また彼女に会いたい。
そして私ははっとした。私は彼女の連絡先を知らないのだ……
どうして尋ねておかなかったのだろうと私は自分の無為を恥じた。だがもう遅い。
彼女は関係の継続をほのめかしてもいたというのに……
と、その時、携帯にメールが届いた。見ると山田からだった。

そうだ!

やや恥ずかしいものがあるがいっそ山田に尋ねてみようか、そんなことを思いながら
メールを開き私は愕然とした。
 そこにはリナが誰かの肉棒をくわえている上目づかいで卑屈な淫らな笑みを
浮かべている画像が添付されていた。そしてこう書かれていた。
「リナとは楽しい時間が過ごせたようだね。彼女から聞いたよ。君は今また彼女と
会いたいと早くも思い始めているのかもしれないね。だが、彼女は私のものだ。
もしまた君が彼女と会うことを希望するのなら、私と色々話し合う必要がある。
今日一日、彼女は私の家ですることがあるから、君と会うことができない。
君は今日じっくりどうすべきなのか考えることだ。私の期待することが
うまく伝わっていることを期待するよ」

~完


※西条リナの他の作品については
 コチラ→ DLSITE DMM Gcolle













スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

非売品小ネタ「甘い罠はフルコースで~現役女子大生西条リナ 番外編」(3)

非売品小ネタ「甘い罠はフルコースで~現役女子大生西条リナ 番外編」(2)の続きです。


「あああっ」
肉棒を強烈に刺激する粘膜の感触とその淫らな光景がもたらす興奮に私はまた声を
上げてしまった。が、彼女はそんな私に気づかうことなく、肉棒のそこかしこに
舌を這わせ、舐め上げ、あるいは時に口づけし、淫らな音をたてながら、うっとり
するような愛撫を続けた。
 私は荒い息を漏らすのと、短い歓喜の呻き声を上げるのを繰り返しながら、股間から
脳裏に伝わる心地よい感触に酔いしれていた。そしてそれは、肉棒全体が彼女の口の
中に包まれた瞬間、さらに強くなった。
「あっ……ああああ……も、も。もう……そんなにされたら……ああっ」
私はその強烈な快感に膝から下ががくがく震え、絶頂を迎えようとしているのを
感じた。だが、それを察したように、次の瞬間、彼女は私の肉棒から口を離してしまった。
hibaihinrina05.jpg
「ふふ……谷口さん……立ってるのつらそうね……座らしてあげる」
「……あっ……あふっ……そ、そ-」それよりも続きを、と言いかけて遮られた。
「だめよ……私の口よりももっと気持ちいいところが残ってるのに……」
「そ、それって……!?」私は彼女の言っていることが分かり、激しく興奮した。
「ふふ、あそこのソファで可愛がってあげる……さ、座って……まず、ソファで……
 私のオマ○コで搾り取って上げる……」
私は荒い息のまま、彼女の言うとおりソファに腰かけた。彼女は私が腰を下ろしたのを
見ると、近寄り、おもむろに後ろを振り返った。そして私に背を向けたまま、
私の膝の上に腰かけた。
「あっ……」
「ふふ……私のオマ×コ感じる?」彼女は腰を前後させ、陰毛を私の膝に触れさせた。
「あ……あああ……か、感じるよ……!」
「ふふ……入れたい?」
「あああ……い、入れたいよ……リナちゃんのオマ×コで……し、絞り取って欲しい……」
「うふ……じゃあ……いいよ……私のオマ×コで……谷口さんの白いの、いっぱい
 吸い取ってあげる」そう言うと彼女は腰をふっと浮かせ、私の肉棒を掴むと、
また腰を下ろし、膣の入り口のところに押し当てた。
「じゃあ……入れちゃうよ……」
「あっ……あああ!……」亀頭から徐々にその下までよく湿った生暖かい粘膜でゆっくり
包まれていく、その感触には何とも言えぬ背徳感と心地よさがあり、私は全身が歓喜で
ぞくぞくするのを感じていた。
「ああん……奥まで入れちゃう……」ずぶずぶずぶと肉棒が彼女の膣の一番深い所まで届いた。
「ああああっ!……す、すごい……あああ……き、気持ちいいよっ……」
「あん……私のオマ×コそんなに気持ちいいの?」彼女は腰を妖しく蠢かせ始めた。
「あふっ……あひゃっ……あああ、そ、そんな風にされたら……」
「ふふ……されたらなあに?……あん」彼女はさらに腰を激しく動かした。
「ああああっ……ち、チ×ポが……と、とろけちゃいそうだよっ……」
「ああん……もっと、とろけせてあげる……」
hibaihinrina06.jpg
彼女はおもむろに私の方へ振り返り、両手を私の首に回すと、キスしてきた。
ぬるっとした感触の舌が私の口の中に潜り込み、奔放な動きで私の舌をまさぐる!
その肉棒と舌の両方に同時にもたらされる、心地よく淫らな粘膜の感触に私は打ち震えた。
そして再び、急速に、絶頂に近づいていくのを感じていた。
だが、流石にこのまま出してしまうのはまずいだろう、と頭の片隅で感じてもいた。
と、次の瞬間、ふと彼女の唇が私の唇から離れたので、私は彼女に言った。
「……り、リナちゃん……も、も、もう…で、出ちゃいそうだよっ……」
「ふふっ……ぴゅっぴゅって出ちゃいそうなの?」
そう言うなり彼女はさらに腰を激しく動かす。肉棒と膣がたがいの愛液でこすれあう
淫らな音が寝室に鳴り響き、私は肉棒がよじれてしまいそうな強烈な快感に身悶えた。
「あひゃっっ……だ、だめっ……イくっっ……イっちゃうよっっ……!」
次の瞬間、私の絶頂を察したように彼女は素早く腰を上げ、彼女の膣から外に出るや、
私の肉棒から大量の精液が飛び出した。
 私は一種目の前が真っ白な光に包まれるような錯覚を覚えつつ、これまでの記憶に
ないくらい長く心地よい射精の感触にうっとりしていた。
hibaihinrina07.jpg

~続く



※西条リナの他の作品については
 コチラ→ DLSITE DMM Gcolle










非売品小ネタ「甘い罠はフルコースで~現役女子大生西条リナ 番外編」(2)

非売品小ネタ「甘い罠はフルコースで~現役女子大生西条リナ 番外編」(1)の続きです。


彼女との食事は楽しかった。最初こそ緊張したものの、聞くとまだ二十歳の
女子大生という彼女は私がぼそぼそと話す会社のことなどに、あたかも関心を
もって耳を傾け、そして尊敬するようなまなざしで私を見つめるのだった。
正直悪い気はしなかった。一方で私が学校のことを尋ねると、気さくな口調で
友人たちと遊んだり、サークルで行った旅行の話などを楽しそうに語るのだった。
まだ私の娘と言ってもおかしくないほど若い年頃の彼女が私をリラックスさせ、
食事を楽しませてくれた。
hibaihinrina02.jpg
 だが一方で、時折、彼女の表情にどきっとするような色気が浮かぶこともあった。
そう女子大生と言えば若いは若いが、それなりの積極性がある人間であれば
それなりの経験も積んでいるだろう。私は一瞬さっと彼女の全身を眺めて
まだどきっとした。胸は程よく突き出、腰は締まっている。性的な魅力に溢れた
豊かなその肉体、その裸体をどれほどの男がこれまで目の当たりにし、
触れててきたのだろう。
 そんなことを考えていると、私の股間はみるみる膨らみ、固くなってしまい、
私は内心きまり悪い思いをしながら、食事をしていた。

 それから、一時間半ほど経ち、最後のデザートの皿が下げられた後、
私たちは食後のコーヒーを飲んでいた。やがて彼女が口を開いた。
「それで……この後、どうされます?」
「えっ……ど、どうって?」
「ふふ……部屋を予約していただいてるって聞いてるんですけど。
私は今日一日分の料金をいただいています。だから谷口さんが希望するなら
私と一晩過ごすことができます……それで、ふふっ……その結果として
もしそれ以降もまた会いたくなるようだったら、条件だとかは個別に相談する
ことになっています」
私は山田の言っていたことを思い出した。いわゆるデートクラブのような
ものなのだということがやっと分かった。
「で、でも……それって……?」
彼女は笑みを浮かべてうなずいた。そして私に顔を近づけ、周りに聞こえぬよう
囁くように言った。
「そう……もし私と……エッチ……したいなら……してもいいんですよ」
私はごくっと唾を飲みこんだ「そ、そうなんだ……」
「そう……谷口さん……会う前に想像してたよりずっと素敵な人だったから、
 私嬉しくて……だから……今夜いっぱいサービスしてあげたいな……」
「で、で、でも……ぼ、僕は実は……あんまりそういう経験が……」
「あら……大丈夫ですよ……私に任せておけば……谷口さんが喜ぶようなこと
 いっぱいして……天国に連れて行ってあげる」
そう言うなり、彼女は机の下で足を延ばし、靴の先を私の股間に押し当ててきた。
私はその感触に歓喜し、思わず息を漏らした。
 彼女はその足で私の股間を愛撫しながら言った。
「ふふ、気持ちいい?じゃあ……部屋でもっと気持ちいいことしましょうか」

部屋に入ると、彼女は私をソファに座らせ、正面の窓の前に立って言った。
「ふふ……谷口さん、食事中、私の裸の姿想像してたでしょ」
「えっ……そ、そんなことは-」
「とぼけたってだめよ。女はそういうことわかるんだから……
 ね、谷口さん……見たい?……私の裸」
「……み、み、見たい」
「ふふ、最初から正直に言えばいいのに……じゃあ……いいよ……
 私の体見せてあげる」
そう言うと、彼女はワンピースを脱いでブラとパンティだけの姿になり、
嘲るような笑みを浮かべて私を見た。私の娘くらいの年でありながら
毒気のある娼婦のようなその佇まいは背徳感にあふれ、私をぞくぞくさせるような
色気を持っていた。
「これも?」そう言って彼女はブラに手をかけた。
 私は口の中がからからになるのを感じながらうなずいた。すると彼女は
ゆっくりブラをはずし、その豊かな美しい乳房を私に見せつけた。
hibaihinrina03.jpg
「ああっ……」
その淫らな姿に股間がさらに固く熱くなるのを感じながら、私は思わず声を上げて
しまった。彼女はそんな私を嘲笑うように見つめながら、パンティも脱ぎ、
全裸になった。
「ふふ、今度は谷口さんの番よ……早くそんな服脱いで私と気持ちよくなりましょ」
「……う、うん」私は思わず顔がにやついてしまいそうになるのを恐れながら、
おずおずと着ている服を全て脱いだ。
「ふふ、もうそんなに大きくなってるの……すごく美味しそう……
 じゃあ、こっちに来て」
「う、うん」私は彼女の言うままに近づき、彼女の目の前に立った。
そしてあらためてその素晴らしく豊かで性的な魅力に溢れた肉体に見とれていると、
彼女はおもむろに両手を差出し、五指を広げた状態で私の胸に触れた。
少し冷たい感触に一瞬びくっとしたが、彼女は構わずに私の全身をさすり
愛撫するように手を動かしながら、徐々に下の方へずらしていった。
そもそも裸の女性に裸を触れられるという経験があまりない私はそれだけで
息を荒げ、またうっとりしてしまっていた。そして肉棒の付け根のすぐ外側のところ
まで来ると、付け根を囲うような状態でぴたっと動きを止めた。
「ああっ!……はあ……はあはあ……り、リナちゃん」
「ふふ……なーに?……」次の瞬間、私の肉棒が彼女の両手に包まれた。
「ひゃあっ……ああっ……」
「あん……もう先っちょから何か出てきてるぞ……お仕置きが必要ね……」
「……お、お仕置き?」
だが、彼女が質問には答えずに、私の肉棒を握ったまま、その場にひざまづいた。
そして上目づかいで私を見ながら言った。
「じゃあ……私のお口でたっぷりお仕置きするから、ちゃんとこのまま立ってるのよ」
そして彼女は私の肉棒に顔を近づけると、舌を出してねっとり這わせ始めた。
hibaihinrina04.jpg

続く


※西条リナの他の作品については
 コチラ→ DLSITE DMM Gcolle











非売品小ネタ「甘い罠はフルコースで~現役女子大生西条リナ 番外編」(1)

これも久しぶりですが、カテゴリ「非売品小ネタ」の投稿です。
この投稿も今年はもう少し増やしたいと思っています。
ちなみに今回は「★現役女子大生★JD★西条リナの処世術」の
ヒロイン「西条リナ」を主人公に作成してみました。

※「★現役女子大生★JD★西条リナの処世術」については
 コチラ→ DLSITE DMM Gcolle

それでは、以下お楽しみください。




hibaihinrinahyoushi.jpg

「谷口君、君も役員になったんだから、もう少し遊びの方も憶えたら
いいんじゃないか。そういうのも見識だよ」
そんなことを先輩風を吹かして言ってきたのは、2年前に総務系の役員になった
山田という男だった。
 私は先月、色々な幸運に恵まれて、務めている会社の役員に選任された。
務めているのは携帯電話用の電子部品などを製造する中規模のメーカーで、
入社以来、私はずっと研究所での開発研究を担当してきた。そして、40を
超えた頃に私が開発した新しい製造技術が会社の利益向上に大きく貢献した
との評価を受け、46歳になった今年、役員に選任された。
 嬉しい反面、専ら開発研究の世界に向かい合ってきたのが、今後は会社の
それ以外の部分も含む広い範囲のマネジメントについて責任を負わなくては
ならないということに少し当惑してもいた。
 そう、たまたま私が開発したものが大きな結果を生んだのだが、所詮私は
内気な技術屋、根本は根暗なオタクにすぎない、人の上に立つ器などではない
と思うのだ。
 まったくそんな私に役員という大役を任すなんて……そんなことを
今日も夕方、仕事が少し落ち着いてきたころに一人考えていた。
そんなとき先の山田という役員がふと私のところにやってきて私に声を
かけたのだった。
「はあ、遊びと言いますと?」
すると山田はいやらしい笑みを浮かべて言った。
「分かるだろ君……何、分からないのか、察しの悪い男だな」
「な、何なんですか?」
「女だよ女……そうだ、君はまだ独身じゃなかったかね」
「は、はあ……そのとおりですが」私の女性経験は風俗だけだった。
「なんだ、遊びたい放題じゃないか!羨ましい!」山田が豪快に笑う。
「ですが、山田さん、この年で恥ずかしいんですけれど、私はあんまり
 女性を口説いたりするのはうまくないんですよ……」
「馬鹿。そんなの金さえあれば何の問題もないんだよ。金さえあれば
 たっぷり楽しめるサービスが色々あるんだから。まさか君がお金に
 困ってるってことはないだろ。収入も大分上がったんだろうし」
 確かに金に困っているということはなく、むしろ独り者の男としては
十分過ぎるくらいの余裕があった。
「大丈夫私に任せておきたまえ……早い方がいい、明日の土曜の予定は?
 ない?……そうか、それなら夜の七時にここのロビーで待っていたまえ、
 いいね」
 山田はなんだかよく分からないうちに勝手に私に話を進め、最後に私に
小さなマッチ箱を渡し、半ば唖然としていた私を残して、その場を去っていった。
それは都内でも有数の超高級ホテルのマッチだった。

翌日、正直わずらわしいなという気持ちでいっぱいで、どうしてその場で
無理にでも断らなかったのだろうかと後悔した。が、もう遅い。先輩の役員が
決めたことなので無視するわけにもいかず、私は夜になると渋々そのホテルに
出かけた。
そしてロビーのソファに腰かけ、煙草を吸っていると、携帯電話がなった。
電話は山田からだった。
「おう。もう着いてるかい?」
「あ、はい……5分くらい前に」
「よし。そしたらな、もう少ししたら西条さんという若いお嬢さんがそこに
 やってきて君に声をかける。君は彼女とホテルの最上階のレストランで
 食事をする。君の名前で予約がしてある。それから?その後は自由だ……
 くくく……君の希望と彼女の提案を照らし合わせて考えたまえ……」
くっくと笑いながら山田が電話を切った。
 次の瞬間「あの……」と突然後ろから声をかけられ、私は飛び上がった。
ふりかえると、若いやや派手だが魅力的な美しい顔立ちの女が立っていた。
 それではこの女が……山田の言っていた……「あ、さ、西条さん?」
「あ、はい」彼女がにこっと笑って答えた。

hibaihinrina01.jpg


次の投稿に続く










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。