FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非売品小ネタ「美優 海の家に行く」(あとがき)

「美優海の家に行く」終了です。
見ていただいた方、ありがとうございます。

今後このカテゴリでは1枚だけのイラストなども
公開していこうと思います。

よろしくお願いします。

ブログパーツ
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

非売品小ネタ「美優 海の家に行く」(最終)

四回目。年甲斐もなく、年のかけ離れた娘との罪深い淫行。
そして、四度目にも限らず俺にとって新鮮なその快感は色あせることなく、俺は自分で呆れるほど短い間しかもたなかった。俺の絶頂を察したのか、美優がタイミングよく腰を上げ肉棒を引き抜くや、俺は彼女の豊かな肉体を見上げながら宙に向かって大量の精子を放出していた。

33.jpg
……変わらぬ素晴らしい快感、背徳の蜜の味。
が、ここに来て俺は、今更ながら不安のようなものを感じ始めていた。
思えばとんでもないことをしてしまった。
これから先、彼女との関係などどうなっていくのだろうか。
これからも続けばいいとは単純に思えない。が、同時に、俺がまた彼女の体を間違いなく欲するであろうことも明らかだ。
そんなことを考えていると彼女が俺を見下ろしながら言った。

34.jpg
逃げられるものなら逃げてみろ、とでも言わんばかりだ。
だが、その瞬間、俺は悟った。いまや麻薬のような彼女の肉体の魅力にどっぷりと漬り、逃れられそうもないことに。


ブログパーツ

非売品小ネタ「美優 海の家に行く」(22)

俺は叫ぶように歓喜の声を上げながら、美優の背中に向かって射精した。30.jpg
また呆れるほどの長い射精。
俺は肉棒がびくんびくんと脈打つたびに白い閃光のように走る快感の余韻に恍惚としていた。そして俺の吐き出したばかりの大量の精子が彼女の背中をだらっと滑り落ちていくその淫らで罪深い光景を心の底から楽しんでいた。

31.jpg


……さすがにもうこれが限界だろう。
そう思っていたのだが、誤りであったことを美優に思い知らされた。

少しの間、横に並んで休んでいたのだが、やがて美優がまた俺の体の方に手を伸ばし、からかうように、そしてくすぐるようにお腹の辺りをまさぐり始めた。その手はゆっくりだが徐々に……徐々に下の方に下がっていき……いつの間にか俺は再び息を荒くし、肉棒は空の方に向かっていきり立っていた。
と、美優がおもむろに起き上がると、俺の体をまたいで膝をつき言った。
32.jpg

ブログパーツ

非売品小ネタ「美優 海の家に行く」(21)

27.jpg
美優が甘い喘ぎ声を上げ、俺は肉棒を包み込むねっとりとした、口とは異なる暖かい感触にうっとりした。そしてすぐに、さらなるなる快感を渇望し、腰を激しく前後させ始めるのだった。
28.jpg
そんな淫らな文句。年の割りに色気を感じさせる全裸の背中のライン。互いの肉と体液が交わる音。全てが俺にとっては素晴らしく現実のこととは思えない。が、一方で感じている快楽はまぎれもない現実だ。この強烈な快楽。快感。真っ白い波のように迫り、俺を包み込もうとしている。女性経験などほとんどないに等しい俺にそんなに長い間、耐えられるはずもない……あっ……ま、まずい……そう思った瞬間、俺は慌てて彼女の膣から肉棒を引き抜いた。
29.jpg

ブログパーツ

非売品小ネタ「美優 海の家に行く」(20)

その一言と最後の接吻だけで十分だった。脳裏を刺激する強烈な快感に俺はとてもそれ以上こらえることができなかった。
25.jpg
それは自分でも呆れ驚くほど長い射精だった。
……やっと収まったと思われた頃、俺のスペルマにまみれた美優がけだるい口調で言った。

26.jpg
俺はこくっと無言でうなずき、その場に膝を落とした。
美優はほんの数分しか俺を休ませなかった。もっとも俺にしたところで数分もあれば十分だったわけだが。というのも美優の豊かな肉体を眺めていると、どうしてもまた欲情を感じ、肉棒が頭をもたげる始めてしまうからだ。
美優はそんな私を見て、右手を伸ばし、俺の肉棒をぎゅっと握った。
「あっ……」
声を漏らした俺に、右手を前後させながら美優が言う。
「おじさんばっか気持ちよくなってずるい」
「えっ?……あっ……あああ!」
肉棒を握る右手の力が強まり、それに呼応するように肉棒のかたさも増す。
が、美優はぱっと手を離すと、俺に背を向け、四つん這いの姿勢になった。そして片手を後ろに回すと、膣の穴がはっきり見えるように広げて見せ、俺に言った。

「入れていいよ、おじさん……援○セックスしよ」
「あっ……ああああ」
俺は喜びで胸が一杯になってしまうのを感じた。ついに彼女と、この淫らな、本物の十○歳の女子○生と肉の交わりを経験することができるのだ!
俺は全身の震えを抑えながら、はちきれんばかりに膨張した肉棒に手をそえ、近づいていった。そして、一瞬躊躇したものの、すぐに欲望の波に飲み込まれ、吸い寄せられるように、彼女の中へと入っていった。


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。